樹木葬の費用内訳がどこにも書いてないので考察した結果は〇〇費が高い


 

樹木葬とは、これまでの概念を払拭し墓石の代わりに樹木をシンボルとするお墓のこと。

 

お墓に比べると費用が安く抑えられ、後々の出費も最大限に少なくすることが可能です。

 

 

これからの時代、樹木葬はどんどん一般的になっていくことは明白ということもあり樹木葬を調べていると、一番有名なところで40万円という費用感でした。

 

しかしながら、その40万円の費用内訳がないのです。

 

ということで、私の父親がなくなった際にかかったお墓やお寺への費用を元に、一体内訳はいくらなのかを考察してみましたので、是非と参考にしてみてください。

 

樹木葬の費用内訳がどこにも書いてないので考察した結果は〇〇費が高い

樹木葬の費用内訳がどこにも書いてないので考察した結果は〇〇費が高い

 

まず、樹木葬の費用は、

◎5万円〜80万円

という相場感となっています。

 

金額にかなりの幅がありますが、自由商売なので各社が自由に金額設定している印象です。

 

個人的にはあまり安すぎる樹木葬はいかがなものか?という不安があるので、中間の40万円前後のところが一番オススメのラインだと言えます。

 

ちなみに、樹木葬には「買い切りタイプ」のところと「管理費がかかるタイプ」のものがあり、管理費がかかる場合は別途で年間1〜2万円の費用が追加されるという形です。

 

(余談ですが、どうせ選ぶなら管理費がないタイプのところにしておくことをおすすめします。)

 

では一体、この5万円〜80万円の費用相場の中で、さらにその内訳はどういった金額設定になっているのか?

 

これについては、どこの業者も書いていません。

 

ということで、私の父親のお墓の件を踏まえて洗い出してみました。

 

結果からいくと・・

「戒名代」
・・30万円
「永代使用料」
・・10万円
「墓石施工代」
・・0円
「管理費」
・・0円

といったところです。

 

ここからは下世話な話になりますが、私の父がなくなった際の「戒名代」は40万円でした。

 

ただこれ、ご存知の通り、こちらで大体の相場を忖度して支払うという流れなので、別に僧侶から請求されたわけではありません。

 

こうした「忖度システム」があるのが、葬祭系のいやらしいところではあります。

 

樹木葬の場合は「墓石」がいりません。

 

ということは墓石施工代はなしに等しい。

 

永代使用料とは「お墓」の土地代という意味合いなので、さすがに場所を提供している以上、費用がかかるのは当然です。

 

そして「戒名代」ですが、樹木葬であっても連携しているお坊さんにお支払いをして「戒名」おつくってもらうことが予想されます。とはいえ相場通りに支払っていては樹木葬の業者自体の経営が成り立たないでしょうから、相場より少し安くなっている可能性が高いです。

 

もちろん、上記に載せた樹木葬の費用内訳の何%かは、樹木葬業者の利益として乗せているでしょうから、実際の原価はもう少し安い内訳といえます。

 

基本的に樹木葬では「物理的」なものに対しての費用はそんなにかかっていない試算ですね。

 

まぁそんなことを言ってしまうと、お墓の方がそうなのですが・・。

 

樹木葬の費用内訳|お墓の維持費との比較

樹木葬の費用内訳がどこにも書いてないので考察した結果は〇〇費が高い

 

お金のことばかり話していると、「どこが儲けて」など色々勘ぐってしまい、結局何もしないというのが一番安上がりなんじゃないかと思ってしまったりします。

 

ですが、ここに関しては「個人を偲ぶ」という観点を絶対に忘れてはなりません。

 

ということで、「お墓」であっても「樹木葬」であっても、こうした場所は絶対になくてはならないのです。

 

そんな思いもあって、こちらの記事にたどり着いていただいたと思いますが、私は絶対的に「樹木葬」を推します。

 

定期的に故人を偲ぶ場所がある。でもそこに対して大きなお金を払う必要があるかというと「ある」とは言い切れないからです。

 

というよりも、もはや「お金」をかけるのと「故人を偲ぶ」ことに関連性がありません。

 

まぁ私の価値観は置いておいて、ここで実際の費用感をご覧いただきたいと思います。

 

それは、「樹木葬の場合」と「お墓の場合」の費用比較です。

 

もし「お墓」を選択した場合・・

「戒名代」
・・40万円
「永代使用料」
・・60万円
「墓石施工代」
・・100万円
「管理費」
・・1万円/年間

大体これぐらいです。

 

あくまでそれぞれの平均相場ですが、トータルで見ると200万円はかかる試算です。

 

管理費のことも考えると、年間1万円ですので、30年で30万円の費用がプラスでかかります。

 

一方、先程もご覧いただいた樹木葬の場合は・・

「戒名代」
・・30万円
「永代使用料」
・・10万円
「墓石施工代」
・・0円
「管理費」
・・0円

 

トータルで40万円ほど。

 

しかも、管理費がかからないタイプのところを選べば、管理費は永久に無料です。

 

私は都内に住んでおり、父のお墓は車で1時間半はかかります。

 

そうなってくると、年に1回もしくは2回ほどしか「故人を偲ぶ」機会をつくることができません。

 

これが樹木葬であれば、割とすぐに行けるところが多くあるので、たくさん偲ぶことができます。

 

考えると、すごく矛盾していることに気づきませんでしょうか?

 

お金をかけて用意したお墓は「故人を偲ぶ」回数が少なくなる。

 

一方、お金をあまりかけずに用意した樹木葬は「故人を偲ぶ」回数が多くなる。

 

費用だけでなく、故人への想いを込めて考えてみても確実に樹木葬の方がおすすめと言えます。

 

おわりに

樹木葬はこれからの時代確実に一般化されていくことが予想されます。

 

時代は移りゆき、社会全体の価値観がどんどん変わっているからです。

 

墓仕舞いなども急速に普及している昨今。だからといって故人を偲ぶ”場所”がどこにもなくなっては、亡くなった人があまりにも可哀想です・・。

 

「お墓」か「樹木葬」か色々悩む・・、という場合は一度「樹木葬」をやっているところに問い合わせてみることをおすすめします。

 

供養も管理もすべてお寺にお任せの天空陵

更新履歴